ビジネスライフスタイル

タクシー移動のメリット。一流の経営者がタクシーで移動する理由。配車アプリも人気沸騰中!

Pocket

 

あなたはタクシーにどれくらい乗るでしょうか。

タクシー移動のメリット・デメリットを正確に言葉で説明できるでしょうか?

 

たまに使うと言う方はいるかもしれませんが、主な移動手段がタクシーという方は稀です。

 

最近はタクシーのメリットに着目し、

『タクシーを主な移動手段とする生き方』

 

が、経営者・資本家を中心に取り入れる方が数多く増えてきています。

 

いつも満員電車に載って移動している人からすると考えられない生き方かもしれません。

 

このコンテンツではタクシー移動の市場動向、メリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。

 

国内におけるタクシー業界の動向

 

「タクシー 業界」の画像検索結果

タクシーにメリットを感じる人が増え、タクシー移動が一般的になりつつある半面、法人タクシーの絶対数は着々と減ってきています。

 

配車サービスや、車内広告、車種など多様化が加速しているタクシー業界ですが実は年々法人タクシーの数が減ってきています。

 

「運転者数の推移(法人)(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会より)」の画像検索結果

運転者数の推移(法人)(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会より)

 

上記からわかるようにタクシー業界は「人手不足」が加速しています。

 

人手不足になってしまう要因として4つ大きなものがあります。

 

  • ドライバーの高齢化(平均年齢59.4歳となり、直近での定年退職が予測されます。)
  • タクシー需要の増加(訪日外国人、経営者、資本家など)
  • 低賃金、労働環境(月給26万~27万)
  • 業界イメージが悪く希少者が少ない

 

Uberの個人タクシーや自動運転技術により、タクシー会社さんの社員の数に依存しない業界構造へとシフトしていくでしょう。

Uber japan HP:http://morningpitch.com/startups/3651/

 

こういった新しいサービスのの発展が遅れてしまうと、一時的にタクシーの希少性が上がり、料金が上がることが予測されます。

 

インバウンド産業とタクシー移動のメリットに気付いた日本人の交通手段・移動手段としてタクシー需要が高まっていくことが予測されるため、タクシー業界は課題を多く抱えていると言えるでしょう。

 

タクシー移動のメリット

 

「タクシー 金持ち」の画像検索結果

 

タクシー移動のメリットをこちらでは見ていきます。

 

経営者・資本家など経済的な制約が少ない人々はなぜタクシーで移動するという意思決定をするのでしょうか。タクシー移動における大きなメリットをいくつか紹介します。

 

タクシーで1人の時間を買う(時間の節約)

 

「時間 買う」の画像検索結果

 

タクシー移動の大きなメリットの1つとして「時間を買う」という概念挙げられます。

 

大成している人ほど1人の時間を大切にしています。都会で1人になれる場所を探そうとしてもなかなか見つからないことが多いです。

 

自分の会社から駅まで、家から駅まで歩いて改札くぐってホームに行き、電車を待つ。電車が来たら満員電車に乗って降りる駅を間違えないように注意を払う。

 

タクシーを使えばタクシーが自分のところに来てくれ、あとは特に何も気にすることなく目的地までたどり着くことができます。

 

電話やメールをしていても良いし、PCで仕事していても良いです。1人で事業戦略や新しいビジネスモデルを考案してみるのも良いでしょう。

 

他人が社内にいないため、自分1人の時間を有意義に使うことができます。タクシーに乗るというのは「1人の時間を買う」ということに他なりません。

経営者や資本家にとって、ストレスなく移動でき、1人の時間を得られるというメリットは大きいです。

 

有意義な1人の時間にメリットを見出せる人は時間を大切にしている人だということで、資本主義において「経営者」「役員」「資本家」という立場に立ちやすいと言えます。

 

実はお財布に優しいタクシー移動

 

タクシー=金持ちというイメージが強い方も多いでしょうが、じっくりとコスト計算をしてみればあなたのライフスタイルにとってはタクシー移動の方が安くつく可能性、経済的な観点からも十分にメリットがあります。

 

自家用車を持つ場合との費用比較をしていきましょう。

 

日本における1年間の自家用車関連の支出は約80万と言われます。タクシーに乗る回数をX、平均単価を1000円と仮定すると、

 

1000円(タクシー平均単価)× X(年間乗車回数) < 80万円(自家用車関連支出)

X<800となり、年に800回以上タクシーに乗らない場合はその方が経済的にコストを抑えることができます。

 

また、自家用車を持つ場合には、自家用車を購入単価を平均乗車年数で割った値が追加でかかってきます。

 

イメージでお金がかかると決めつけている方も多いと思いますが、きっちりと計算するとタクシーの方が経済的なメリットがあるケースも多いでしょう。

 

ただし、電車やバスと比較した場合はコスト面だけではタクシーの方がかかってくるかもしれませんが、それ以上のメリットがタクシー移動にはあります。

 

車を運転するという行為は「労働」なので自分でやるという選択を取ってしまうと、自分の時間的価値が低いと認めてしまっているようなものです。

 

移動手段としてのタクシー

 

「時間 買う」の画像検索結果

 

タクシーのメリットについて記載してきました。

移動手段1つ取ってしても、考え方や何にメリットを感じるか次第で選択が変わってしまいます。

 

タクシーを使用する経営者の多くは「自分の時間を大切にする」という考え方に基づいて意思決定しています。

 

やるべきことはもちろんですが、「やるべきでないこと」をきっちり決めて、やらないと決めたことはお金を払ってでもアウトソーシングするべきでしょう。

 

どうしても移動手段として電車・バスを選択しなければならない方はその時間を有意義に過ごす方法を考えてみると良いでしょう。

特に通勤時間が長い方はその時間を有意義に過ごさず、自分にとってメリットのない時間にしてしまっている自覚がある方はぜひ下記の記事を一読ください。

通勤時間は無駄の極み。電車やバスでの有意義な時間の使い方で人生の質を上げよう!【サラリーマン・社会人必読】

 

また、別記事で成功者の習慣を記載しているため、成功したいという野心の強い方はぜひご一読ください。

成功者の習慣4箇条。生活や特徴など共通点を徹底解説【成功したい方必見!】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です