ライフスタイル知識

読書を習慣にする方法!読書で頭が良くなる?【保存版】

Pocket

 

あなたは読書の習慣がありますか?読書をすると頭が良くなるとよく言われます。

 

読書には本当にいろいろな効能があります。

読書のメリット、読書を習慣にする方法について記載していきます。

 

まずは本を読むとなぜ頭が良くなるのか説明していきます。

 

読書の習慣で頭が良くなる

 

「読書 効能」の画像検索結果

 

本を読むとなぜ頭が良くなるのでしょうか。

 

読書が習慣になると下記のような力が身に付けることができます。

 

  • 語彙力が増える
  • 教養が身につく
  • 偉人の考え方が身につく
  • 創造力が身につく
  • 思考力が身につく

 

以上のように読書によって、語彙力、教養、成功者の考え方、想像力、思考力など1つのスキルではなく様々なスキルを向上させることができ、ひっくるめて頭が良くなるといわれます。

 

つまり読書は脳の筋トレであり、読書の習慣により脳を鍛えることができる方法なのです。

 

読書習慣を身に着ける方法

 

「読書 習慣」の画像検索結果

 

読書により頭が良くなることはご理解いただけたでしょう。読書の習慣を手に入れるための具体的な方法について記載していきます。

 

読書習慣がない人は「読書」対してマイナスのイメージを持っているため、まずはそのイメージをポジティブなものに変えていくことが非常に大切です。

 

まずは「読書を好きになる」というのが読書習慣を手に入れる方法としておすすめです!

 

まずは新書や文庫などハードルの低いものから

 

「文庫本」の画像検索結果

 

読書が苦手な人にありがちですが、無理して最初から難しい本や分厚い本を読もうとします。これは読書の習慣を手に入れる方法としては成功確率がかなり低いです。

 

読書の習慣がない人は最初は手軽で読みやすい本で構いません。

 

まずは「読破した経験」を積み重ねて読書に対する苦手意識を払拭し、徐々に習慣にしていきましょう。

 

決して我慢して読まない

 

関連画像

 

読んでいて面白くないと感じた場合は無理して読むのをやめましょう。

 

読書をしている時間に苦痛を感じてしまうと、読書そのものが嫌いになってしまい習慣化する可能性が下がります。

 

大切なのは読書を続けること、楽しむことです。

読書を楽しめるようにすることが、読書の習慣を作る方法として最も有効です。

 

「面白くない」「必要ない」と感じた場合は、その本を読むのをやめましょう。

 

読書に対するネガティブな感情がある限り、読書を習慣にすることは決してできません。

 

興味のある分野から本を選び習慣化する

 

「本棚 フリー」の画像検索結果

 

読書に対してポジティブなイメージをつけ、習慣にするために、自分の「好きな分野」「興味のある分野」から手に付けることが非常に大切です。

 

そうすると読書に対しても好きな気持ち・ポジティブな感情が伝染し、読書することが楽しく感じられるでしょう。

 

例えば、ドラマや映画で好きなジャンルがあれば、その分野の本から読書に入る方法もありです。

 

他にも仕事に関する本やコミュニケーションの本、教養を深めるための雑学など、興味を惹かれたジャンルのものであれば何でもOKです。

 

再三述べていますが、読書を習慣にする上で読書という行為そのものが好きにならなければ習慣化の道は絶たれます。

 

毎日5分、読書してみる習慣をつける

 

「読書 習慣」の画像検索結果

 

読書する習慣をつけたいと思っても、「本を読む時間がない」と思ってしまう方も多いかと思います。

 

朝は準備バタバタしていて、昼間は仕事や家事、夜はご飯の支度、付き合いの飲み会など読書するまとまった時間を取れない方は多いかもしれません。

 

ただ、このような状態だといつまでたっても読書の習慣は身に着けることはできません。

 

毎日5分でも10分でも、僅かな時間で良いので、まずは「読書する」習慣を身に着けていきましょう。

 

朝起きた後、通勤中、夕食後のリラックスした時間、寝る前の時間など、毎日どこかで必ず読書する習慣「読書タイム」を作りましょう。

 

もしその日に読書の時間を確保できなかった場合は、翌日に2回時間を作りましょう。

 

続けやすいルールを見つけて少しずつ読書を習慣にしていきましょう。

 

どこでも読書できるようにする

 

「読書 場所」の画像検索結果

 

読書の習慣をつけるうえで、どこでも読書ができるように準備することが非常に大切です。

 

読書のハードルを下げる方法として「いつでも読める」というのは非常に有効です。

 

待ち合わせや移動時間などのちょっとした時間に読みたいと思ったときに読めるようにしておきましょう。

 

外に出歩く際は文庫本を常に1冊持ち歩くのがおすすめです。

 

また、今だとKindleで本を一元管理し、「読書の電子化」をしている人も多くいます。

 

抵抗がなければ本を持ち運ぶ手間が省ける上に、少し安く買えお得なので読書ハードルが下がり習慣になりやすくなります。

 

本サイトではないですが下記にてKindleの特徴がよくまとまっている興味がある方はご一読ください!

Kindleとは?初心者のための分かりやすい説明【経験談付】早い軽い場所いらずの新しい読書スタイルを!

 

時間帯によって読む本を変える

 

「読書 本」の画像検索結果

 

同じ人でも朝も夜も同じ本を読んでいると飽きてしまうかもしれません。

 

まずは読書を楽しんで習慣にすること、が目的なのでそんなときは思い切って読む本を変えましょう。

 

朝はビジネス書、昼は資格本、夜は小説、といったように時間帯によって読む本を変えると楽しく本を読むことができます。

 

朝の方が人間の脳は冴えているため、朝に難しい本、夜には小説のような読みやすい本を選ぶことをお勧めします。

 

もちろん逆の方が合う方もいらっしゃるかと思います。

 

自分に合った本の読み方・スタイルを作ってみてください。

 

読書を習慣にする方法

 

「読書 楽しい」の画像検索結果

 

読書の習慣を手に入れるための5つのポイントを紹介してきました。

 

読書習慣を身につけるためには、自分にとって負担にならない程度にちょっとずつ読書をしていくことが大切です。

 

念押しですが読書を習慣にする方法は

 

「読書を好きになること」

 

です。その次に「読書を習慣にする」というステップが来ます。そしてその次に頭が良くなる、という効果を実感できます。他に読書の習慣を習得する方法はありません。

 

最初からハードルを上げすぎないように注意し、読書の習慣を手に入れてください!

 

また、頭が良くなる習慣としてプログラミングがあります。

http://quality-of-life.jp/programing

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です