知識

QOLの意味と使い方とは?クオリティオブライフの医療・経済・生活での3つの意味とは【徹底解説】

Pocket

本記事ではQOLの意味、その使い方について記載していきます。

 

QOL(キューオーエル)の意味、答えられますか?

 

QOLとは、

Quality of Life(クオリティ・オブ・ライフ)の略称で、

日本語では”生活の質”、”人生の質”、”生命の質”などと複数の意味で訳されます。

QOLの意味や使い方も複数あります。

 

 

 

つまりQOLとは複雑な概念でその意味や使い方も様々です。

 

ではどんな概念なのか?

 

QOLには大きく分けて3つの意味や使い方が存在しており、

 

  1. 経済
  2. 医療
  3. 生活

にて使用されるケースが近年増えてきています。

 

本記事では、

3つの意味・使い方について成り立ちと各ニュアンスについてご紹介します。

 

本記事を読み終えた方はQOLの3つの意味と使い方をすらすらと説明できるようになっているでしょう!

 

QOLの3つの意味・使い方とは

 

この章では、

QOLの3つの意味とはなにか?使い方とはなにか?なぜ生まれたか?についてご紹介します。

 

QOLには”人生”、”生活”、”生命”、”質”のような曖昧な言葉が示すとおり、

明確な定義、意味がありません。

 

そのため各分野の便宜上、

複数の意味・使い方が存在することとなっています。

まず以下をご覧ください。

 

Qualityof Life (以 下 QOL とす る )は 、 当初 は 経済 学 や 杜 会学 の 分 野 で 使 わ れ 、米国 では 、 1960年代 に大 統領が 国 家施策 に 、 経済 成 長 主 義 に 替 わ っ て 「国民 の 暮 ら しの 豊 か さ」を総 称 す る 概念 、生 活の 豊 か さ を追求 す る指標 と して 使 用 さ れ た。 

(QOL を 目指 した 医療 ・看護 Medical Treatmentand Nursi Toward Quahtyof Life(QOL), 大森武子, 2018)

 

上記の論文の通り、QOLという概念は元々、経済用語として生まれましたが、

近年では医療分野でも広く使われるようになりました。

 

さらに医療分野での広がり以降、一般化されSNS等でも気軽に使われるようになりました。

 

しかし各分野での意味合いは、微妙にニュアンスが異なります。

 

そこで次の章から、

QOLの経済、医療、そして生活上の意味、

各分野での使い方、意味について記述していこうと思います。

 

QOLの経済での意味・使い方

「経済 フリー素材」の画像検索結果

こちらではQOLの経済での意味・使い方を記載していきます。

 

QOLが生まれたもとの概念が経済用語としてのQOLです。

 

意味、使い方としては、”国民の生活の幸福度”となります。

 

主に政策、経済施策の効果計測を目的として提唱された概念です。

 

金額以外の、実際の生活は豊かになったのか?を測るための指標として提唱されだしたもののようです。

 

実際にどう測るかというとアンケート調査による統計情報という形として表現されます。

 

QOLの医療での意味・使い方

「医療 画像」の画像検索結果

こちらではQOLの医療での意味、使い方をみていきます。

 

最も活発に使われているであろう医療用語としてのQOLです。

 

意味は、”患者の生活の利便性”となります。

 

治療を受けている人、入院にしている人の、

身体的な苦痛の軽減、精神的、社会的活動を含めた総合的な活力、生きがい、満足度という意味で使われます。

 

併せてQOD(Quality of Death)という言葉も語られますが、

非常に近い概念となっております。

 

参照:http://dia.or.jp/disperse/dianews/pdf/dianews_no93_02.pdf

 

QOLの生活での意味・使い方

「幸福 生活」の画像検索結果

こちらではQOLの一般生活上での意味・使い方を見ていきます。

 

一般用語としてのQOLで、こちらの意味合いには馴染みがある方も多いでしょう。

 

意味や使い方としては”生活の効率性・日常的な幸福”となっており若い方中心に概念として広がりつつあります。

 

経済用語との違いとしては、経済指標のマクロとして語られるか、

1人の生活上の幸せ感のミクロとして語られるかが挙げられます。

 

生活の中で幸福感を感じる瞬間や、ライフハックで効率化することまで幅広い意味合いや使い方となっています。

 

本サイトの名前である「リクオール」はQOLを再定義するという意味で「Re QOL」が語源となっています。

リクオールとは

 

OQLの意味、使い方まとめ

 

ここまでQOL(Quality of Life)の経済、医療、生活上での3つの意味、使い方をご紹介してきました。

 

再度3つの意味・使い方を下記に記載しますが、日常生活で明日より正しい使い方をアウトプットしてみましょう!

 

QOLの3つの意味と使い方

 

  1. 経済:国民の生活の効率性、幸福度(マクロ)
  2. 医療:患者の生活の利便性
  3. 生活上:生活の効率性、幸福度(ミクロ)

 

また、アイテムを用いてQOLを向上させる方法について別記事で記載しています。

QOLの意味や使い方を知ったうえで向上させたいという方は読んでみてください。

QOLを上げる絶対買うべきオススメアイテム6選【2019最新版】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です