ヘルスケアライフスタイル

生活リズムを整える方法とは。バラバラではダメ!安定した生き方を習慣にしよう!

Pocket

 

緊急ではないが重要である、7つの習慣で言うところの第二証言に位置する「生活リズムを整える」ことに注力できていますか?

 

夜遅くまで仕事・・・

毎日寝る時間がバラバラ・・・

朝起きるのが辛く二度寝してしまう・・

生活リズムを整える方法がわからない・・

 

仕事の時間が長く続いていたり、労働時間がバラバラだったりすると睡眠の時間を整えることができず、生活リズムが乱れてしまいます。

 

生活リズムが乱れてしまうと、私たちのカラダのリズムが乱れてしまい、精神的にも身体的にもさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

 

生活リズムの乱れによりどんなデメリットがあるか、そして生活リズムを如何にして整えるかということについて記載していきます。

 

下記を参考に、生活リズムを整えるための具体的な行動を1つ以上実行してみてください!

 

生活リズムの乱れによる悪影響

 

「睡眠不足」の画像検索結果

 

生活リズムを整えることができず、昼夜の光を浴びるサイクルがバラバラになってしまうとホルモンバランスが乱され、

「寝たい時間に眠れない」
「起きるべき時間に起きれない」

というような状況に陥ってしまいます。

 

生活リズムが正しいサイクルで機能しなくなると「寝れない起きれない」という健康面において最悪の状態になります。

 

体が思い通りに動かず計画したことを実行できない、自分自身をコントロールできずに時間を無駄にしてしまうということが往々にして起きてしまいます。

 

1日のタイムスケジュールを決め、規則正しい状態を作ることで生活リズムを整えることができ、継続的に質の良い睡眠を取ることができます。

 

生活リズムを整える上で良質な睡眠は欠かせないため、睡眠に課題を感じている方は、是非ご一読ください。

快眠の方法とは?最速で睡眠の質を上げよう!

 

起床時間で生活リズムを整える

 

「早起き」の画像検索結果

 

生活リズムを整える上で休日に平日と同じ時間に起きるというのは、非常に大切です。

 

休日に寝だめをしてたくさん眠ってしまうことや、飛行機によって時差がある中で不規則な睡眠サイクルで行動してしまうことは生活リズムが大きく乱れ、脳や体の調子が悪くなってしまいます。

 

寝だめをしてしまう主な原因として睡眠不足状態の恒常化というのがあります。

 

日常的に睡眠不足の状態が続くと「睡眠負債」が溜まってしまい、仕事のパフォーマンス低下、免疫低下による体調不良、やる気減退などの負の要素が多く出てきます。

 

日本人の平均睡眠時間は世界的に見ても短く、平日に十分な睡眠をとることで寝だめを防ぎ、生活リズムを整えるよう意識しましょう。

 

平日も休日も睡眠時間・起床時間を忠実に守ることで生活リズムを整える習慣をつけていきましょう。

 

朝食で生活リズムを調整

 

「朝食」の画像検索結果

朝食は生活リズムを整える上で重要なファクターとなります。

 

朝食を食べることで、体や脳が眠っている状態からアクティブ状態へと変わります。

 

朝にエネルギーが不足していると、作業に身が入らない、頭が働かず集中力がない、体が重くやる気が出ない、などの症状が現れてしまいます。

 

おまけに体が活発化するのが遅れ、生活リズムがずれてしまい体内時計が乱されます。

 

朝食にはエネルギーの源としての役割だけでなく、

 

「朝だよ!」と体や脳にに伝え、体や脳のスイッチを切り替え、生活リズムを整える役割があります。

 

起床後の何時に朝食を食べるか決めた上で1日の開始である朝食を毎日同時刻に食べられると、生活リズムを整えることができます。

 

また、できるだけバランスの良い朝食を心がけ、一日のスタートを切れるとさらに良いでしょう。

 

日光浴で生活リズムをコントロール

 

「日光浴」の画像検索結果

 

起床後に日光を浴びることは生活リズムを整える上でかなり重要な要素となってきます。

 

体内時計は、起床後に日光などの強い光を浴びると、メラトニンの分泌が抑制され、新しい1日のリズムを刻み始めます。これによって、心身が活動状態に入ります。
出典:【医師監修】ヘルスケア大学

 

上記にあるように、朝に日光を浴びることは朝食と同様に心身が活動状態に入りやすくなります。

 

生活リズムは血圧、ホルモンバランス、体温など様々な体内時計を調整しており、朝日を浴びることで体内時計をリセットすることができます。

 

実際の時間と生活リズムのズレがなくなり、自律神経と体内時計の両方を整えることができます。

 

おまけにセロトニンが分泌されるため、1日の始まりである朝から頭が冴え1日を快適に過ごすことができます。

 

セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ、精神を安定させたり、ストレスを軽減したり、思考をポジティブにするなどの他のメリットも多くあります。

 

セロトニンが不足すると、周りに対して怒りを感じやすくなったり、うつっぽくなってしまったりします。

 

ぜひ起床後に朝日を浴びることで体内時計をリセットし、生活リズムを整えるように習慣化してみてください。

 

また、散歩をすることでも同様にセロトニン分泌を促すことができます。

散歩のメリット!毎日散歩の効果!脳やダイエットにもオススメ【2019】

 

生活リズムを整えましょう!

 

「幸せ 画像」の画像検索結果

 

「生活リズムが乱れたときに体にどんな悪影響があるか?」

「生活リズムを整える方法」

の2点について紹介してきました。

 

不規則になりがちな生活リズムから脱却し整えることで、規則正しい生活による誘惑やストレスに負けない心身の健康づくりを始めましょう!

 

  • 毎日朝、決まった時間に起床し、
  • 朝ごはんをきっちり食べて
  • 日光を浴びる

 

この3点さえ意識すれば生活リズムが乱れることはなく、自然と生活リズムを整えることができます。

 

この記事を読んだのを機に、ご自身の生活リズムを今一度客観的に見直し整えるための行動を起こしてみてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です