VIO脱毛ビューティーケア全身脱毛美容

自宅でできる痛くない脱毛方法とは?種類や違いをご紹介!

Pocket

「自宅で脱毛したいけど、痛くない方法がいい・・・。」

「脱毛したいけど、自宅でこっそりしたい。」

「自宅で効果のある脱毛がしたい。」

このように、自宅で脱毛をしてみたい方や、脱毛はしたいけど痛くない方法を知りたい方はいらっしゃるのではないでしょうか?

脱毛サロンや脱毛クリニックに行かずに、自宅で自分の好きなときに脱毛できる方法があればいいですよね。しかも、痛くない方法なら尚続けられますし、快適な脱毛ができます。

そこでこの記事では、自宅で脱毛できる方法、痛くない脱毛方法についてご紹介します。

自宅で使える家庭用脱毛器が気になっている方や、脱毛したいけど痛いのは嫌だ・・・という方は、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてくださいね!

自宅で脱毛できる方法はどんな種類があるの?

自宅でできる脱毛方法は、物理的に「毛を抜く脱毛方法」と、脱毛サロンやクリニックのように「毛を生えにくくする脱毛方法」の2種類あります。

毛を抜く脱毛方法は、

  1. 毛抜き
  2. ワックス脱毛
  3. 脱毛器

の3種類です。

どれも「毛を抜く」という方法なので、抜く瞬間に痛みが伴います。ワックス脱毛も脱毛器も慣れてくれば痛みは減ってきますが、全く痛くないということはないので、痛い思いをしてまで脱毛したくない方にはおすすめできません・・・。

一方、毛を生えにくくする脱毛方法は家庭用脱毛器があります。

脱毛は光を照射する時にパチンとゴムで弾かれたような一瞬の痛みがありますが、毛を抜く方法と比較すると痛みは少ないです。

自宅でできる痛くない脱毛方法の他に、除毛方法についても見ていきましょう。

自宅でできる痛くない除毛方法

除毛は脱毛より効果は低いですが、自宅でできる痛くない除毛方法もご紹介します。

除毛とは肌表面の毛をなくすことなので、毛を抜く方法よりは毛のない状態を維持できる期間は短いです。

自宅でできるおすすめの除毛方法は、「除毛クリーム」です。処理したい部分に除毛クリームを塗り、所定の時間放置した後に洗い流すだけで毛がなくなってキレイになります。

除毛クリームの主な成分は毛のたんぱく質を溶かす成分なので、毛と肌表面の古い角質も溶かすため、ツルツルでスベスベの肌になります。

毛のないキレイな状態は2~3日ですが、一時的にムダ毛をなくして肌もキレイにしたい方には、自宅で簡単にできるのでおすすめの方法です。塗って流すだけなので全く痛くないです。

また、次に生えてくる毛の毛先が細くなるので、ジョリジョリした感じになりません。腕や足の広範囲の除毛に向いています。

自宅でできる痛くない脱毛方法とは?

自宅で脱毛するなら、痛くない方法の方がいいですよね。

家庭用脱毛器には、「光脱毛」と「レーザー脱毛」の2種類がありますが、痛くない脱毛をしたいなら光脱毛がおすすめです。

光脱毛は毛根組織に弱い光を照射して、発毛する働きを弱める脱毛方法です。弱い光なので痛くない脱毛ができます。

レーザー脱毛は一点にレーザーを集中して照射するため、低いレベルでもかなり痛いです。自宅で効果の高い脱毛ができますが、痛くない脱毛をしたい方には向いていません。

それでは、光脱毛について、詳しく見ていきましょう。

家庭用脱毛器で痛みを少なくする方法とは?

自宅で使える家庭用脱毛器は、業務用脱毛機と違って照射する威力が弱いため、そこまで痛みはありません。

光脱毛はメラニン色素という色の濃い部分に反応するので、太くて濃い毛や色素沈着のある部分は痛みが出ることもあります。

特にIOラインは毛が太くしっかりしている上に色素沈着しやすく、デリケートな部位で神経が多く通っているので一番痛みが出やすいです。

痛みの少ない脱毛をするためには、とにかくしっかり冷やすことです。脱毛する前に保冷材を5秒くらい押し当ててしっかり冷やし、肌表面を一時的に麻痺させれば痛みは緩和できます。

家庭用脱毛器ならしっかり冷やすこともでき、IOラインを誰にも見られずにこっそり脱毛できるというメリットもありますね。痛くないようにしっかり自分で冷やせるというところも、自宅ならではの方法ですね。

保冷材はぬるくなったら交換できるよう、冷凍庫に4~5個くらいストックがあれば安心です!また、保冷材は素手で持つと冷たいので手袋やタオルを準備しておきましょう。

まとめ

自宅でできる脱毛方法や、痛みの少ない脱毛方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

脱毛サロンや脱毛クリニックの業務用脱毛機は、脱毛機の種類や出力によっては痛みが強いこともあります。

しかし、痛みを我慢して悶絶しながら脱毛を受けるより、自宅で自分の都合のいい時にゆっくり痛くない方法で脱毛した方がいいこともありますよね。

脱毛=痛いというイメージですが、工夫次第で痛みは緩和できます。脱毛サロンなどでは「しっかり冷やしてほしい」となかなか言いづらくても、自宅でしたらできます。

家庭用脱毛器でしっかり冷やしながら痛くない脱毛をし、スベスベのお肌にしてくださいね!

Pocket