キャリアスキル知識

保育Fineは保育関連専門!転職の求人を見つけよう

Pocket

子どもの安全を守りながら発育・発達を促す保育士の仕事は、とてもやりがいのある仕事の1つです。

保育士は常に人が足りていないため、求人自体はいつでも募集がある状況です。求人内容自体は似たような募集内容であったり、なかなか出てこないような募集内容などさまざまです。

ここでは、保育関連専門の求人を扱う「保育Fine」についてご紹介するため、転職の際の参考にしてください。

 

職種・業界別の転職エージェント一覧まとめ【保存版2020年】

保育Fineは求人情報サイト

保育Fineの特徴は、転職エージェントではなく求人情報サイトであるため、求人を検索して気になる求人が合った場合は、自分自身で面接のアポ取りや質問などを行う必要があります。

そのため、働きながら保育Fineを利用して転職活動をする場合は、求人先との連絡のやりとりを考えながら転職活動をすると、効率よく転職活動をすることに繋がります。

また、掲載している求人は保育Fineの求人だけではなく、他社の求人も掲載しているため求人の幅が広がる工夫の1つです。

 

 

保育Fineの求人はさまざま

保育Fineは保育関連専門の求人情報サイトで、転職の際の求人を探す場合に利用すると便利です。

保育Fineの求人は全国の求人を扱っているため、地元で見つけたい場合も県外や市外で見つけたい場合でも、検索することは可能です。

ただし、地域によっては求人が少ない場合もあったり、時期によって求人数が増減する可能性はゼロではありません。

また、保育士だけの求人だけではなく看護師や栄養士など、保育園や幼稚園、子育てに必要な職種の求人も扱っています。

ただし、転職エージェントではなく求人情報サイトのため、転職エージェントのように非公開の求人を紹介してもらうことはできません。

 

 

保育Fineの利用方法

保育Fineの求人はいつでも検索可能です。保育Fineに登録をすると、最初に電話でサイトの使い方などの説明がありますが、その後は保育Fineのスタッフと電話のやりとりはありません。

さらに、保育Fineは転職エージェントではなく、求人情報サイトであるため気になる求人が合った場合は、自分で求人先に連絡をして面接の日程調整などをする必要があります。

 

 

電話でのやりとりが少ない

保育Fineは求人検索サイトのため、転職エージェントのように何度も電話でやりとりをする必要はありません。

ただし、気になる求人があった場合は、面接日程の調整や質問などを電話でのやりとりで求人先と行う必要はあります。

また、働きながら転職活動をする場合は、電話に出ることができる時間を伝えるなどをしなければ、電話でのやりとりを自分で行う分は時間がかかります。

そのため、電話でのやりとりが苦手という人にはメリットですが、働きながら転職活動をしている場合は、転職エージェントのように代理で電話でのやりとりをしてもらえないという点ではデメリットに感じるでしょう。

 

 

シンデレラ保育士制度

「シンデレラ保育士制度」とは保育Fine独自の制度で、保育士の待遇を改善させるための制度です。

具体的には、勤務開始から3ヶ月間にお祝い金として最大月5万円を支給してもらえます。

ただし、保育Fineの全ての求人が対象になっているわけではなく、シンデレラ保育士制度に賛同している企業の求人に限ります。転職の条件とシンデレラ保育士制度が合えば、求人に応募してみましょう。

 

 

計画的に転職活動をしよう

保育Fineは求人検索サイトのため、保育Fineを利用して転職活動をする場合は、計画的に転職活動を行う必要があります。求人検索をする段階であれば、仕事の休憩中や帰宅後でもいつでもスマホから検索することはできます。

しかし、気になる求人に連絡を取りたいといった場合、必ず担当者と話せるとは限りません。もし、担当者が席を外していた場合、電話でのやりとりがスムーズにいかなくなる可能性もあります。

ただし、気になる求人があった場合、サイト内にある「応募してみる」をクリックして面接の希望日や連絡可能な日時を入力することもできるため、うまく活用することも計画的に転職活動をするコツです。

そのため、自分で全てをやりながらの転職活動であれば、計画的に転職活動を行いましょう。

 

 

保育Fineで転職を成功させよう

保育Fineの求人は保育Fineの求人だけではなく、他社の求人も取り扱っているため、さまざまな保育士の求人を探すことが可能です。

保育Fineは保育士の転職エージェントではなく保育士の求人検索サイトのため、転職エージェントのようにさまざまなやりとりを自分自身で行う必要があります。

そのため、計画的に転職活動をすすめていかないと時間がかかり、転職に対しての意欲がなくなってしまう可能性もあります。

保育Fineでは「応募する」から面接や連絡可能時間を記入することができるため、仕事とバランスを取りながらやりとりをすることがコツです。保育Fineで希望する転職先を見つけ、転職を成功させましょう。

 

保育ひろばで転職を実現!保育士の求人サイトをご紹介

Pocket