ヒゲ脱毛メンズ脱毛

ヒゲ脱毛はスキンケアが大切!おすすめの方法を紹介

Pocket

敏感肌だけどヒゲ脱毛はできるのか?ヒゲ脱毛を受けるために必要なスキンケアは?など、ヒゲ脱毛をしたいと思ったときに施術前の肌の状態が気になったり、ヒゲ脱毛をすると肌の状態はどうなるのか?何か特別なスキンケアが必要なのか?などと気になることもあるでしょう。

ヒゲ脱毛をしたいと思っても、肌が弱い場合やアトピーなどの場合はヒゲ脱毛前後のスキンケアなどが気になる事も少なくありません。

そこで、ヒゲ脱毛を受ける際に必要なスキンケアとヒゲ脱毛後のスキンケアは何が必要か、どのような方法でスキンケアをすると良いのかなどをご紹介するため、肌の状態が気になる男性はもちろん、ヒゲ脱毛を検討している男性は参考にしてください。

ゴリラクリニック銀座院の口コミ・評判やアクセス情報まで詳しく紹介

医療脱毛とエステ脱毛の違い

ヒゲ脱毛の方法は脱毛したい部分のヒゲにレーザーを照射し、照射した部分のヒゲを脱毛する方法です。ヒゲ脱毛は医療脱毛エステ脱毛があります。

医療脱毛は医師が施術を行い、レーザーの照射力が強いため半永久的に脱毛した状態を維持することが可能ですが、施術中の痛みはエステ脱毛と比べると強いと言われています。さらに、医療脱毛は医師が施術を行うため、肌トラブルが起こっても医師が診察をしてくれ必要に応じて、薬を処方してくれます。

一方、エステ脱毛は医師などの有資格者が施術を行うのではなく、訓練を受けたスタッフが施術を行います。エステ脱毛のレーザーは医療脱毛より照射力が弱いため、痛みが少ないと言われています。ただし、医療脱毛より脱毛できている状態を維持する期間が短いため、少しでも早く半永久的に脱毛したい場合、エステ脱毛は向いていません。

このように、医療脱毛とエステ脱毛はヒゲ脱毛を行うという目的は同じですが、使用しているレーザーに違いがあるため、それぞれ特徴があります。

ゴリラクリニックのヒゲ脱毛はこちら

 

ヒゲ脱毛前の注意点

ヒゲ脱毛をする前にカウンセリングに行って相談をしても、肌の状態によってはヒゲ脱毛ができないこともあります。では、予定通りにヒゲ脱毛を行うためには、ヒゲ脱毛前にどのよなことに気をつけて生活をすればいいのでしょうか。

 

日焼けはNG

ヒゲ脱毛前に日焼けはNGです。レーザーは黒に反応して照射をするため、日焼けをしている場合、照射する必要がない部分まで照射してしまい、ヤケドや色素沈着など肌にダメージを与えてしまいます。

また、脱毛したいヒゲの部分にレーザーを照射できず、効果的にヒゲ脱毛ができなくなってしまったり、日焼けしている部分は乾燥しており、痛みや熱さを強く感じるなどの現象が起こります。

どの程度の日焼けからNGかは、ヒゲ脱毛を受けたいと考えているクリニックやエステでカウンセリングを受け確認する必要があります。もし、ヒゲ脱毛前に日焼けしてしまう環境にいる可能性がある場合は、日焼け止めをしっかりと塗って、長時間、太陽に当たらないように意識して生活することをおすすめします。

 

毛抜きで抜かない

ヒゲ脱毛はレーザーを使いますが、レーザーは黒に反応して照射するという特徴があるため、毛抜きで毛根まで抜いてしまうとレーザーの効果が薄れてしまいます。そのため、ヒゲ脱毛を行う前は毛抜きで抜かずに、電気シェーバーでヒゲを短くする程度に、ヒゲは残しておくようにしましょう。

ただし、全く手入れをしていないヒゲの状態であると、レーザーを当てる部分が広範囲になってしまい、ヒゲ脱毛が完了するまで時間がかかってしまうため、短くするという意味で手入れはしましょう。

 

ヒゲ脱毛前のスキンケア

ヒゲ脱毛のカウンセリングで断られないためにも、当日、ヒゲ脱毛を受けることができるようにするためにも、ヒゲ脱毛前のおすすめのスキンケアをご紹介します。

ヒゲ脱毛はレーザーを肌に当てるため、施術前から肌荒れや傷などがあったり、日焼けをしていると肌に対して必要以上のダメージを与えてしまいます。ヒゲ脱毛がしたい皮膚のみに効果を発揮し、必要以上のダメージを与えないためには、施術前からスキンケアは大切です。

メンズリゼ公式はこちら

 

日焼け止めクリームを塗る

ヒゲ脱毛では日焼けをしていると、施術ができなくなる可能性が高くなるため、必ず日焼け止めクリームで日焼け対策をしましょう。日焼け止めクリームはさまざまなSPF値の物が販売されていたり、子どもも使える肌に優しいタイプも販売されているため、日常生活でどの程度日光に当たる時間があるかなどを考えて購入することをおすすめします。

また、日焼け止めクリームが苦手な場合は、室内にいるときはカーテンを閉めて日光を避けるなどの工夫もスキンケアの1つになります。

 

前日はアルコールを控える

アルコールは体内の水分を使って分解し、アルコールを飲むことで血行がよくなってしまいます。体内の水分が必要以上に減ったり、血行が必要以上に良くなってしまうと、「湿疹」や「かゆみ」の原因になってしまい、施術後の不快感になってしまいます。

そのため、特に前日はアルコールを控える、もしくは、施術しようと決めたらアルコールを控えていくことをおすすめします。

 

睡眠をしっかりととる

ヒゲ脱毛をする前はしっかりと睡眠をとることをおすすめします。睡眠が十分にとれていない状態でヒゲ脱毛を行うと、痛みを強く感じてしまう傾向があります。そのため、特に施術前日は早めに就寝することはおすすめです。

 

セルフカットをする

ヒゲ脱毛をするからと言って、何も手入れをせずに施術を受けると、余分に照射しなければならず、脱毛を行う期間が長くなってしまいます。そのため、前日は必ず剃りましょう。剃る時に使用する道具でおすすめは、電気シェーバーです。カミソリで剃ると、見えない細かい傷やカミソリ負けしてしまう事もあるため、極力、電気シェーバーを使用しましょう。

また、抜いてしまうと毛穴にヒゲが残らず、ターゲットにしているヒゲを照射できなくなります。

 

ヒゲ脱毛後のスキンケア

ヒゲ脱毛ではレーザーを肌に照射し、ヒゲを脱毛します。そのため、施術部位には普段とは違ったダメージを与えていることになります。普段とは違うダメージを与えた肌は、いつもの肌とは違う状態です。そこで、ヒゲ脱毛後はどのようなスキンケアが必要なのか確認しましょう。

メンズキレイモ公式はこちら

 

化粧水と乳液で保湿

ヒゲ脱毛後の肌は乾燥状態が続くため、施術当日から洗顔後は必ず化粧水と乳液で保湿しましょう。男性用のスキンケア用品はいろいろな種類があるため、自分に合った物を購入することをおすすめします。

化粧水や乳液といったスキンケア用品はしっとりタイプやさらっとタイプなど、仕上がりのタイプによってもいろいろな種類があります。また、香りの有無やボトルの大きさ、値段などもさまざまであるため、自分にあったスキンケア用品を見つけましょう。

湘南美容クリニック

 

当日の洗顔は優しく

ヒゲ脱毛後の肌は刺激を受けたばかりのため、ヒゲ脱毛後の洗顔は優しく行うことがポイントです。例えば、水で軽くすすぐ程度であったり、どうしてもスキンケア専用の洗顔料を使用したい場合はカウンセリングで使用していいか確認してから、使用することをおすすめします。

 

日焼け予防

ヒゲ脱毛前と同じように、日焼け予防も大切なスキンケアの1つです。ヒゲ脱毛をすると肌がダメージを負っている状態が続くため、日焼け止めクリームを塗ったり、日光に当たる時間を短くするなどの工夫をしましょう。

日光は曇りでも強いため、「今日ぐらい、いいか」と思っていると、必要以上に日焼けをしてしまいます。そのため、ヒゲ脱毛後は次回のヒゲ脱毛をスムーズに始めるためにも、日焼け対策をすることをおすすめします。

 

医師に相談する

ヒゲ脱毛後は肌はいつもと違う状態であるため、必要に応じて医師に相談をしてスキンケアの方法を決めることもおすすめです。人によって敏感肌やアトピー体質など元々の肌の状態が弱いこともあるため、どのスキンケア用品やスキンケアの方法が良いのか、相談することも肌へ優しくすることの方法です。

また、医師の診察を受けると薬を処方してくれたりするため、医師に相談することはおすすめの方法です。

メンズクリア公式はこちら

 

毎日のスキンケアを大切にしよう

ヒゲ脱毛はレーザーを使用して脱毛するため、日焼けをしすぎているとヒゲ脱毛ができなくなる可能性があったり、乾燥肌や肌が弱っているときにヒゲ脱毛をすると、痛みを強く感じたり肌トラブルの原因になってしまいます。

また、ヒゲ脱毛後も日焼け対策や保湿などのスキンケアはとても大切です。ヒゲ脱毛をすると肌が乾燥状態になっていたり、肌がダメージを受けている状態になっています。そのため、ヒゲ脱毛後は肌を優しく洗ったり、日焼け対策、保湿、場合によっては医師から処方された薬を塗布するなどのスキンケアが大切になります。

ヒゲ脱毛を行うことはいつもとは違う状態の肌にするため、市販の日焼け止めや化粧水・乳液などを使用してスキンケアをしたり、日光に当たり過ぎないなどの工夫をしながら毎日のスキンケアを大切にしましょう。

メンズのヒゲ脱毛におすすめのサロン6選!回数と値段で比較

メンズコスメ入門編!男性用化粧品はオールインワンジェルから始めよう

 

Pocket