キャリアビジネス

20代におすすめの転職エージェントランキング10選

Pocket

今回は「20代で転職サイトや転職エージェントを使うべき理由」をピックアップし、なぜ20代が転職サイト・エージェントを使うべきなのか、その理由をはじめ、その際におすすめされる転職エージェントのランキングをご紹介します。

 

転職エージェントというのは一般に使われる転職サイトやハローワークとは違い、転職に関するさまざまな方法や注意点を教えてくれる上、転職成功に向けての手っ取り早い最短の道を勧めてくれます。

 

ぜひ今回ご紹介する転職エージェントをご参考にされ、あなたにとって最短の距離で理想の職場を見つけてみましょう!

 

20代が転職エージェントを利用すべき理由

転職エージェント

20代というのは就職・転職において最も可能性を秘めた新鮮な時期に差し掛かり、転職エージェントを活用するのにも最適なタイミングとなります。

 

「自分にとってどんな職種が見合っているか?」それを見極めるためには、やはり膨大な量の情報を収集しなければならず、それだけも四苦八苦してしまうことでしょう。

 

そんな時こそ転職エージェントを利用することで、まず必要な情報だけをピックアップしてくれる上、さらに希望する企業へ就職するのに最短の方法を手取り足取りの形で教えてくれます。

 

ぜひこの利点を十分活用して、自分がいま備えている実力を最大限に発揮してみましょう。

 

転職エージェントでは専門アドバイザーが常時待機してくれていて、必要な時に就活斡旋のための情報・方法を教えてくれます。

 

さらにエージェント各社がストックしている独自の求人情報(いわゆる非公開求人)も提供してくれるので、ハローワークなどで行なう通常の就活で絶対に得られない企業情報なども得られます。

 

各社エージェントが提携している独自の企業から直接アポイントが得られ(いわゆるスカウト制)、その段階から就活を進めていけるため、通常の就活にかかる時間を大幅に短縮できる可能性も高まります。

 

そして20代という若さを武器にする上では、その求人を得られる幅がさらに広がる可能性も高くなるので、転職エージェントを利用することによって就活が圧倒的に有利になるのです。

 

20代におすすめの転職エージェントランキング

転職エージェント

さてここからいよいよ今回のメインテーマに入っていきましょう。

 

転職エージェントを利用するもう1つの利点に、「転職希望者の長所を存分に伝えてくれる」というものがあり、この斡旋法によってさらに企業側に希望者の内容がよく伝わり、就活そのものがしやすくなります。

 

なので、転職エージェントランキングを参考にする際にはその利点に注目しておき、少しでも自分と相性が合うところ・長所を生かせそうなところを選んで利用しましょう。

 

それぞれの転職エージェントの利点や特徴を簡潔にご紹介していきますので、その看板となる特徴を十分活用できるエージェントを選んでみて下さい。

 

10位:パソナキャリア

パソナキャリア

画像引用:パソナキャリアHP

パソナキャリア サイトはこちら
第10位はパソナキャリアで、この転職エージェントの魅力は他の転職エージェントに比べてまず求人数が30,000件以上とかなり多いことと、さらに転職アドバイザーが良質であることです。

 

しかしここで大事な注目点ですが、このパソナキャリアという転職エージェントは「女性が利用しやすい転職エージェント」となり、女性が転職活動するのに最適な情報ツールとしておすすめされます。

 

上記を踏まえ、非公開求人が多い上に良質のものがそろっており、転職後のアフターサービスへの配慮もきちんとなされます。

 

転職後のキャリア・生活の安定感がしっかりとサポートされるため、このようなランキングでも常に上位に位置しており、20代で就活を始める際にはまずおすすめされるエージェントとなるでしょう。

パソナキャリア サイトはこちら

 

9位:Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント

画像引用:Spring転職エージェントHP

 

第9位にランクインするのはSpring転職エージェント(アデコ)です。

 

このSpring転職エージェントではIT関連企業への転職に有利な求人情報がかなり多く、ITエンジニア、システムエンジニア、プログラマー、あるいはコンサル系企業への転職にも特典となる情報提供がなされます。

 

一般的には20代から40代までの転職希望者が多く集まり、30代~40代の希望者でも20代(新卒生)と同じくらいに有利な転職斡旋を受けられる有望なエージェントです。

 

このような歳の差を感じさせない程の斡旋率を誇るというのはそれだけアドバイザーが良質という事の証明でもあり、エージェントそのものの斡旋レベルが高いとも言えるでしょう。

 

何と言っても就職成功率80%以上という驚異的な実績が強みにもなり、マンツーマンでの転職活動の内容は非常に濃厚なものになるでしょう。

https://www.springjapan.com/

 

8位:ワークポート

ワークポート

画像引用:ワークポートHP

 

ワークポート サイトはこちら
第8位にランクインしたおすすめの転職エージェントは、このワークポートです。

 

ワークポートの最大の魅力は「業界未経験への斡旋率が高い」ということで、とくにその業界についての知識が乏しく、また技術面にあまり自信がない場合でも、その希望職種への転職斡旋がかなりの確率で成功する傾向に見られます。

 

ワークポートが得意分野とする職種は主にIT、Web、ゲーム業界などのIT関連企業で、Web関連の仕事にどうしても就きたい場合、また将来設計にIT業務に特化した実力が必要な場合などには、このエージェントの活用が勧められます。

 

転職成功率は22%~50%台とばらつきも見られますが、希望条件に工夫によってこの辺りもクリアできるでしょう。

 

20代では主に将来性が注目されるため、とくにIT・Web関連の職種では重用されることも多く、できるだけ早期に利用することが特典となるでしょう。

ワークポート サイトはこちら

 

7位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

画像引用:リクルートエージェントHP

 

リクルートエージェント サイトはこちら
第7位にランクインするのはリクルートエージェントで、このエージェントの特徴・魅力はやはり求人数が破格に多いことと、転職斡旋率が業界トップクラスにあることでしょう。

 

とりわけどの職種分野に特化して強いというウリはありませんが、その分すべての分野に精通している斡旋ツールを担っており、非公開求人数も半端なく多いところが非常にメリットのある利点です。

 

20代で転職活動を始めるというのは、一般的に見て右も左もわからない場合が多いため、このような情報量が非常に豊富にある上で、必要な転職方法をすぐに教えてくれるエージェントは大きな魅力です。

 

このエージェントを利用する志望者で見られる斡旋先(転職先)は、現代のところではIT関連企業が多く、システムエンジニア、Webデザイナーなどを目指す場合にはとくにおすすめされます。

リクルートエージェント サイトはこちら

 

6位:type転職エージェント

type転職

画像引用:type転職エージェントHP

 

type転職エージェント サイトはこちら
6位にランクインするのはtype転職エージェントで、このエージェントもIT関連企業への斡旋率が非常に高いです。

 

転職エージェントでも常に上位トップクラスの転職成功率を誇る上、この場合も未経験者からの斡旋率が高く、老舗エージェントとしての求人ストック量の豊富さが大きな魅力です。

 

一般的には、営業職・企画職・ITエンジニア・ものづくりメーカー・事務職系への転職斡旋率が安定して高く、とくに各分野でキャリアがない場合でも、その転職に必要なアピールポイントの作り方を教えてくれます。

 

さらにこの場合はクリエイティブ系の職種関連への斡旋率が高く見られるので、事前にそういった職種と自分の能力の相性を見定めておくと良いでしょう。

type転職エージェント サイトはこちら

 

5位:ハタラクティブ

ハタラクティブ

画像引用:ハタラクティブHP

 

ハタラクティブ サイトはこちら
第5位にランクインしたのはハタラクティブです。このハタラクティブでは、主に20代から30第前後の比較的若い世代の転職希望者が多く採用され、フリーターから正社員への斡旋や、求職者にとってどのようなメリットが見込めるかといった具体的なサポートがなされます。

 

つまり、転職前後の安定感を非常に重視したサポート方法が特典となり、せっかく転職に成功してもすぐ離職してしまう…といった失敗がほとんどないエージェントとなるでしょう。

 

20代でおすすめされやすいエージェントの特徴はこの「転職後の離職率を抑えるエージェント」が多く、その場合にハタラクティブは打ってつけのサイトとなるでしょう。

 

このエージェントが強い転職先も広範囲に渡り、IT関連企業・Web企業・営業職・事務職・コンサル系企業などをはじめ、現代に見られる主流企業ほとんどがその範囲に含まれます。

 

ハタラクティブ サイトはこちら

 

4位:JAIC

JAIC

画像引用:JAIC HP

 

JAIC サイトはこちら
第4位にランクインするのは20代の転職者にとくにおすすめされる、このJAIC(ジェイック)です。

 

この転職エージェントの強みは、若い世代の転職斡旋率が非常に高い点で、転職希望者のうちの実に80%以上が正社員として就職を果たせているという、まさに実力派のエージェントの看板を掲げているところです。

 

20代から30代の間で転職する場合には、よく「自分がどういう職種に向いているか」という疑問が空回りする形で、実際に自分に最適な職種が見つからないことが多いものです。

 

その際に勧められる転職エージェントであり、ここでは主に個別支援をモットーにする上で、希望職種で求められる能力・スキルのアピールポイントをピンポイントで教えてくれ、企業に提供してくれる強みが得られます。

JAIC サイトはこちら

 

3位:エンエージェント

エンエージェント

画像引用:エンエージェントHP

 

第3位にランクインするのはエンエージェントです。ネットサイトや情報誌ではいろいろな評判が飛び交っていますが、このエージェントの強みは20代利用者の転職成功率が47%と割合高いことと、入社後のフォローアップが充実しているところです。

 

そもそも20代向けの転職エージェントとして立ち上げられたサイトですから若年層に最適な利点がそろうのは当然で、その上さらに提携先の非公開求人の質がかなりハイクラスである点も大きな魅力となります。

 

このエンエージェントの強みも幅広い職種分野を斡旋できるところにあり、マンツーマンでの支援キャリアカウンセリングによる直接的な転職サポートなどを通し、無駄のない転職活動が実現されるでしょう。

https://enagent.com/

 

2位:ビズリーチ

ビズリーチ

画像引用:ビズリーチHP

 

ビズリーチ サイトはこちら
ランキング第2位はビズリーチで、この転職エージェントの最大の強みは求人情報が非常に良質なことと、転職活動中の柔軟性です。求人数は約114,000件です。

特定企業への転職をサポートされる間でも、もし活動中に別の企業に希望先を変更したい場合には、それまでのサポート内容をそっくり変更された希望先の企業へ向けてアピールしてくれる柔軟なサポート体制が得られます。

 

転職斡旋のスペシャリストともされているビズリーチでは、主に上流クラスの非公開求人がそろっており、「どうせ転職するならさらにチャレンジする」といったステータス向上を目指すための足掛かりになってくれるでしょう。

 

このような実力派の持ち主なので、当然どの職種分野にも精通しています。とくにIT関連企業・Web関連の職種には根強い提携が見られるため、今後もニーズが高まるIT企業への転職希望を考えている場合はお試しに利用してみる価値はあるでしょう。

ビズリーチ サイトはこちら

 

1位:マイナビエージェント

マイナビエージェント

画像引用:マイナビエージェントHP

 

マイナビエージェント サイトはこちら
堂々第1位にランクインしたのはマイナビエージェントで、このエージェントの強みは未経験者・20代の転職希望者の転職斡旋率がとても高いところにあります。

 

マイナビエージェントでは完全マイペースでの転職活動をサポートしてくれる上、転職に必要な1つ1つの作業を実にていねいに支援してくれます。

 

また志望者のアピールポイントを隈なくピックアップしてくれる上で企業先に売り込み、思いきり高下駄を履かせて有利にしてくれるという、転職サポートには最大の魅力が得られるでしょう。

 

中小企業から大企業まで、あらゆる職種分野に関する求人情報をストックしており、おそらく希望する転職先はすべて網羅してくれる点も強みになります。

 

履歴書・職務経歴書などの作成においてもアピールポイントの置き方を実践的に教えてくれる上、転職後のアフターフォローの充実にも定評が見られます。

マイナビエージェント サイトはこちら

 

20代でこそ使いこなせる転職エージェントを利用しよう

 

今回は「20代で利用すべき転職エージェント」をランキング形式でご紹介してきました。転職というのは主に時間との闘いにもなるので、ぜひまずは登録しておき、各転職エージェントの求人情報を確認してみると良いでしょう。

 

いろいろな転職エージェントがありますので、迷った場合は評判の高い転職エージェントに登録しておき、自分とエージェントの相性を1つずつ確認していくことが大切です。

 

20代という若さを生かせるエージェントは他にも多くあるので、ネットでも十分検索しておき、トータルした評価を自分で確立しておくのもベターです。

 

フリーター・ニートにおすすめの転職エージェント!正社員になれる【2019】

ITエンジニアにおすすめの転職エージェント比較ランキング【2019】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です